忍者ブログ

箱に入れる紙

スチールの箱の更新履歴です

2018/05/12

・キロ261 1113+キハ260 1113新潟トランシス出場
05/09~11に藤寄から函館へ甲種輸送されたようです。

・ハエ85+84NN入場
05/11に配給されたようです。
205系2本同時配給はかなり珍しい気がします。

・センH-38KY入場
05/11に回送されたようです。
センH-20+H-22+H-17が陸前山王から牽引。廃車されるでしょう。
近いうちにあと3本廃車されそうな予感。

・マト4TK出場
05/11に出場したようです。

・サイ177(事故時ウラ177)解体中
川崎で脱線転覆し、2両が廃車され残り8両がTKにいましたが、その8両もTKで解体されているようです。

・上田電鉄7255F引退
05/12をもって離脱したようです。
1000系投入前は5本で、今回の引退で1000系4本・6000系1本になったので、増投入はないかと思います。

・西武2018年度設備投資計画発表
05/10に発表されました。
新型特急が今年度末に営業開始するとのことです。
2019年度までに8連7本が投入される予定ですが、今年度の両数は不明です。
40000系は発表なし。今年度はゼロでしょう。
9108Fが2018年度末に引退する予定ですが、昨年度廃車が新製より10両少ないので、昨年度分で置き換えられそうな予感。

・東急2018年度設備投資計画発表
05/11に発表されました。
既報の通り、2020系は6本投入されるようです。
6020系に座席指定車を組み込む関係で、2020系の新製は58両になりそうですが。
さらに、7000系が6本投入され、7700系がすべて置き換えられるようです。
長らく置き換えられずにいましたが、3連3本・2連3本が養老鉄道へ譲渡される予定で、それに向けて一気に離脱するようです。
※8500系ではなく7700系である様子

ほか、2022年に東横線にデジタルATCを導入するとのこと。
東急ではこれによる車両置き換えはないと思いますが、他社がこのタイミングで置き換えるのか気になります。

ちなみに、関東の大手私鉄8社の中で設備投資計画の発表は東急がアンカーに。
今年は出そろうの早かった…。

・相鉄12000系6本総合が受注
05/11に発表されました。
2018年度は1本なので、残り5本は2019年度に投入されそうです。
新津で製造されるのか気になるところ。
なお、JR乗り入れは12000系のほか、11000系も予定されているようです。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

プロフィール

HN:
スチールの箱
性別:
非公開

カテゴリー

最新記事

(12/11)
(12/07)
(12/03)
(11/29)
(11/27)

P R